次世代スケボー・スケートボード・スノボー・スノーボードのフリーラインスケート
 

次のレベルを目指している方へ・・・

フリーラインスケート講習 

  1. 「正しいライディングスタイルを習得する」
  2. 「スピードライディング」
  3. 「180°(スイッチ)」
  4. 「360°」
  5. 「180°(スイッチ)」と「360°」を組み合わせたライディング
  6. 「縁石越え」
  7. 「クルージング(平地)」
  8. 「高速ダウンヒルからの急ブレーキ」
  9. 「スノーボードライディングスタイル」
  10. 「平地での止まり方」
  11. 「室内でもライディング練習」
  12. 「コーンを並べて練習」
  13. 「ミニランプで遊ぶ」
  14. 「タイムトライアル」
  15. 「フリーラインテクニック集」


フリーラインスケート freelineskate

フリーラインスケート用語
フロントサイド 進行方向に対して後ろ側の足が身体の前へ回り込むこと、又は身体の前側を主としたトリック
バックサイド 進行方向に対して後ろ側の足が身体の後ろへ回り込むこと、又は身体の後ろ側を主としたトリック
レギュラー 左足が前足になるスタンス
グーフィー 右足が前足になるスタンス
スタンス 両足の位置関係
フェイキー スタンスの前後関係を逆転し逆走すること

  6、「縁石越え」


片足走行(ワンフッター)が基本です。
まずは最初からフリーラインを片手に持った状態で練習。少しずつ距離を伸ばしていきましょう。ある程度の距離を滑れるようになったら、ライディング中にしゃがんで片方のフリーラインをつかむ練習をしてください。

ワンポイントアドバイス (BY HIRO)

縁石超えについてですが、まずはバックフッター(前足)より、通常ワンフッター(後ろ足)の安定がある程度必要になります。それと、走行しながらフリーラインを抜いてワンフッターができるように。そして段差越えの時ですが、姿勢を低くしますが、両手でつかんだ時になるべく伸ばした腕が極端に曲がらないようにしてください。(余計な姿勢を曲げないように)つっぱりすぎもよくないと思います。

ワンフッター側(後ろ足)のつま先とFLSが離れないよう外横側より手ではさみ、バックフッター側(前足)は自分の抜きやすい部分をFLSだけつかんでおいて、段差手前までの準備をします。スピードや段の高さにもよりますが、イメージとしては段差手前 30cmくらいのところにバックフッター(前足)のFLSを抜き、足落とします。そのときにつま先が、進行方向に向くよう落としてください。体重が前に流れるのでバランスがくずれないように。そしてはねあがりますが、はねあがる方向も自然にスピードに合わせ前に流れるようにジャンプです。ジャンプの後に身体もやや起こしていく感じで。ワンフッター側(後ろ足)はジャンプ後、ジャンプして蹴り上げた足とクロスする感じで前に身体とあわせて投げる(リリース)する感じでしょうか。手が離れたと同時に無理なく身体も起こしていくようにすると、バランスがとりやすいと思います。

段差の前のところで止まり イメージしてゆっくり身体の流れとワンフッター側(後ろ足)を蹴り上げる足の前にクロスして身体と後ろ足がうまく流れ、段を上がる練習をしてください。このへんが練習ポイントになります。

 





**フリーラインスケート滑走中は自己責任でプロテクター着用をお願い致します。また公道での滑走は法律で禁止されています。

Copyright (C) 2008 フリーラインスケート ジャパン. All Rights Reserved.

フリーラインスケートジャパン
運営 (有)ハートランド info@heartlandj.jp

雪上スケートボードのスノースケートボード新発売!14輪の新感覚スケートボード・フローボード発売開始!
板のしなりが半端でない!バンブー(竹)素材のローデッドボード社のロングスケートボード(ロンスケ)
雪がなくてもスノーボード(スノボー)2輪スケートボード(スケボー)のTボード プレミアスノースケートボード
スノーボード[whole9]はスノーボード動画やスノボー最新映像やグラトリハウツー画像を公開!
新感覚ダイエットスケート発売開始!ダイエットボディー情報館